ダンススクールへの入学は増えるか

小学校でのダンスの授業がはじまるということで、小学生や小学生へあがる世代のスクールへの入学は、増えています。

幼児の習い事として流行りのリトミックなどもそうですが、音に合わせて体を動かすことは身体的にも脳の発達にもいいと言われていて、スクールだけでなく、テレビの番組などでもアイドルグループがMCになり子供へ教えるような番組なども登場しました。ますます身近になっていくダンスは、子どもの習い事のひとつとして定着していくことは間違いないでしょう。

また、一時期テレビCMでもありましたが、小学校の先生へのスクール需要も高まっています。今まで、ダンスに縁のなかった先生たちが子供たちに指導する立場になるということで、あわててスクールへ通いだす先生が増えているということが見受けられます。子どもたちもスクールへ通う子が増えてくると、先生のレベルがとわれています。中途半端なダンスでは子供たちに教えることはなかなか難しいかもれません。

今まであまりターゲットになりづらかったシニア世代にも、今、ダンスは注目されているといいます。リタイア後の趣味として選択するそうです。同じ趣味を持つ仲間との出会いや、体を動かすことで体力をつけることなどメリットがあると注目されているそうです。このように、入学人口も今後増えていくことが見込まれ、少子高齢化の中、楽しく身体を動かすこのようなジャンルの習い事は、今後、ますます需要がのび、求める人が増えていくと予想されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *