ダンスとスクールについて

ダンスとは体を動かして身体的コミュニケーションを図ったり自己表現を行う行為のことです。

昔からプロダンサーと呼ばれる職業があるように世界的にもダンスは有名なスポーツです。一口にダンスと言っても色々な種類があります。ですので、今回は有名なジャンルを紹介したいと思います。最初に紹介するのはポッピンと呼ばれるジャンルで、筋肉を素早くはじくことでロボットのような非人間的な動きを見せることができます。ムーンウォークやウェーブなどの動きは、このジャンルに含まれています。次にブレイクはダイナミックで迫力がありカッコいいため現在世界で一番人口が多く、最も知名度の高いジャンルです。

ブレイクは主にエントリー、フットワーク、パワームーブ、フリーズの四つの要素からなっています。これらをより高度なレベルでこなすには、柔軟性や筋力が大いに必要になってきます。最後にヒップホップです。このジャンルはポピュラーなジャンルの一つで、一般的にはヒップホップの音楽・曲・ビートに合わせて踊ります。基本的にアップとダウンのリズムを取りながら、色々な種類のステップを合わせて踊ります。

ヒップホップの振り付けでは、これといった決まりがないので音楽にのりながら自由に踊れるのが特徴です。ダンスを学ぶ人のなかには独学で学んでいる人もいますが今回はスクールに通って学ぶメリットを紹介したいと思います。スクールではプロの講師である先生に見てもらえるため自分の動きの悪い癖を直しやすかったり、同じスクール仲間と互いに切磋琢磨して、技術をさらに磨き上げることができます。また、将来的にはもしかしたらインストラクターとしての仕事をもらえるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *