ダンスの専門学校に通うこと

自己流の個性的なダンスも魅力的ですが、一度きちんと基本を習得すると応用の幅が広がります。

特にバレエや社交ダンスは長い歴史があり基本的なルールを学ぶことで成立している古典的な舞踊です。専門学校あるいはプロの指導が絶対に必要になります。プロになるならもちろんの事、趣味で楽しむ場合でも専門学校に通うことには意味があります。何より楽しいです。周りにプロを目指している仲間がいれば緊張感が生まれますし一生そのダンスに関しての友達ができます。仲間の成長や成功を応援するのも喜びになります。踊ることが好きならば人が踊ることを見るのもきっと楽しめます。

殆どのダンスは踊り手によって変化させられジャンルによって色づけられてきました。本や動画で習うことでは限界があります。生きている人間を360度、見たい角度から見て学ぶ必要があるからです。それは人によって本当に違いが出てきます。正面から見たものを背面を想像して動ける人もいれば、高いところから俯瞰して見たほうが動きが理解しやすい人もいます。専門学校で生の動きを学ぶのはとても大切なことです。

ダンスはどうしてもマンツーマンの指導が必要になるため、専門学校のレッスン費用が高額になりがちです。受験勉強で通う学習塾のように一人の講師が多くの生徒を一度に教えるということだけでは不十分だからです。若い時に高額なレッスン代を払うのはハードルが高いと思う人も多いでしょう。しかし本当に上手になりたいなら専門学校の利用をお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *