専門学校で音楽を学ぶメリット

音楽の勉強をする学校というと音楽大学を思い浮かべる人が多いですが、専門学校も多数存在します。

そのジャンルも様々で、クラシックからジャズ、ポピュラー、電子音楽など幅広く学ぶ事ができます。大学ではなく専門学校に通うメリットは数多く、選択肢の一つとして積極的に取り入れられています。まず、費用の面から見てかなり安価に抑えられるという点が挙げられます。四年制の大学に通うと、概ね800万円程度の費用が必要とされるのが一般的ですが、専門学校だとそのおよそ半額から4割程度の金額に抑えられます。

期間が短くなるので当然という一面もありますが、その中にしっかりとしたカリキュラムが組み込まれ、無駄のない勉強ができる事を考えると、有効な選択肢であると言えます。また、大学ではアカデミックな勉強に重きが置かれ、それをどの様に職業に結びつけるかは個人の裁量に任される事が殆どですが、専門学校では就職やアーティストとしての独立までをサポートしている事が多くあります。業界へのパイプや様々な関連業種への紹介が充実している為、生涯を通じて音楽と関わっていける環境を手に入れやすいというメリットもあります。

それと関連して、各専攻に特化したより専門的なテクニックや知識、スキルを学べる様に授業内容が設定されている学校が多く、卒業後プロの現場で即戦力として仕事ができる様になります。専門学校で音楽を学ぶと、進む道に特化したより専門的な知識やテクニックを身につける事ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *