音楽専門学校のデメリット

プロを目指して夢を持ち音楽専門学校に入る方は多くいるかもしれませんが、実際のところ音楽系の大学と比べてしまうとデメリットがあります。

音楽専門学校によっては学費だけをとられあまりスキルが微塵も身につかないなんて場合もありますので注意が必要です。音楽専門学校は音楽大学と異なり無認可の場合も多くあります。全ての無認可校が悪いというわけではなく、通常学校教育に使われる教科書は認可が必要となりますが無認可の学校ではその義務が必要がないため教科書の認可にかかる時間を短縮することができるため最新の教育を受けることが可能になりますが、なかには学生を多く集めることで利益をだすことを目的とした専門学校をビジネスととらえている学校もあるので注意が必要です。

専門学校の紹介には音楽業界への就職率100%などとうたっている場所もありますが、これはアルバイトなども含まれていることもあります。音楽専門学校を選ぶときには歴代の卒業生の中にプロとして働いている人がいるかなども注目しましょう。いくつかの専門学校を見学し、学生の雰囲気を確かめることも大切です。生徒と教師が慣れ合いの状態になっていないかも確認しましょう。

日本の場合に限り音楽大学を卒業してもクラシック演奏の需要はとても少ない状態が現実としてあります。場合によっては学校に頼らず自ら発信しているアマチュアの方が音楽でお金を稼ぐプロとして成功していることもあります。学ぶだけが目的ならば音楽専門学校でも可能ですが、プロとして成功したい場合なら学校だけに頼ることはお勧めできません。デメリットを踏まえて進路を選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *