音楽専門学校では何を学ぶのか 気になる進路先は

音楽専門学校とはその名の通り音楽についての知識や楽器の演奏、歌の技術を学ぶ学校です。

他に音楽を学ぶ学校として音楽大学がありますが、入学試験の段階で各種コンクールで良い成績を残しているような優秀な学生でなければ受験することも難しく、そこまでのレべルに到達していない人やこれから音楽を学びたいと思っている人、さらには音楽業界に就職しようとしている人が音楽専門学校を選択することになります。これ以外にも音楽大学との大きな違いがあり、基本的にクラシック系の知識や技法を学ぶ音楽大学に対して音楽専門学校で学べる内容は多岐にわたります。

ポップミュージックや映画音楽の作曲法やエレキギターにドラム等の演奏、その他クラブミュージックのDJ養成クラスやレコーディング機材の扱い方などを専門的に学ぶコースが際限なくあり、卒業までに必要な単位や期間は音楽専門学校ごとに違いますが通常の各種専門学校と同じで1~2年に設定していることが多いです。

教える講師陣は業界に近い人物であったり現役のミュージシャンであるので就職に有利と思われがちですが、音楽業界というのはミュージシャンやエンジニア、その他レコード会社の社員も含め他の業種と比べると離職率は大変高く、生き残りの特に厳しい業界です。正直学校を卒業したからといってデビューや数年後に業界にいられる保証というのは一切ありません。

音楽で成功するには結局本人の才能次第ですが、それでもそれをさらに磨き込むことができる場所であることは間違いなく、業界のシステムや雰囲気を事前に知ることもできますから、卒業後のリスクもふまえそれでも本気で音楽の世界に行きたい方は選ぶのも良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *