高校で行われるダンスの授業

学校の授業で行われている体育の授業には、学生の持っている運動技術や身体能力を高める役割や目的があります。

さらに、心理的、精神面でも大きく向上することが出来ますし、持久力を培う上でも必要です。さらに、身体を動かしますのでストレスを解消することもできます。体育の授業の内容は学校によって様々ですが、なかでもダンスは大変役立ちます。ダンスは身体全体を使って踊りますので、身体の筋肉をしっかりと鍛えることが出来ます。

身体の筋肉を鍛えるなら免疫力を高めて様々な病気から身を守ることが出来ます。免疫が強い子は風邪をひきにくくたとえ引いてもすぐに回復します。ダンスは小学校から体育の授業で取り入れられていますが、高校になるとより高度なことが求められます。小学校や中学校では基本的なステップを学んだり、先生からの指示の下で動くことが多くありました。しかし、高校生にもなると、先生の指導で動くというよりも自分たちで表したいテーマを決めることが多くなります。

基本ステップに基づいた創作ダンスは、創造力を高めたりチームワークを強めることが出来ます。チームワークというのは高校を卒業して社会に出たときも必要なことですので、ぜひ身につけておきたいものです。チームワークに加えて瞬発力や機敏性なども身に着けることが出来ます。仲間と一緒に作った創作ダンスは高校時代のとてもいい思い出となるに違いありません。ぜひ、積極的に参加しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *