ダンススクールの料金体系について

ダンススクールの料金体系は様々な方式があります。

毎週決まった曜日に通うことを決めておいて月謝で払うシステム、曜日は固定せずに、月に通える回数を決めて月毎に通う回数を見直すことが出来るシステム、そのダンススクールに所属している人以外でも、単発でレッスンを受けることが出来、その都度支払うシステム、カルチャースクールのように、3ヶ月なり6ヶ月なりの期間が決まっていて、その間に行われる指定回数分の料金をまとめて払うシステム、チケット制などです。一般的に、1回ずつ支払うタイプのものよりも、月謝の方が料金を安くしているダンススクールが多いです。

また、月謝の中でも、週1回よりも2回、3回と来る方が1回当たりの料金が割安に設定されていることが多いです。中には、一定額を支払えば、好きな回数だけレッスンに通えるフリーシステムを取っているところもあります。これは、ダンスという習い事の特徴を捉えたシステムです。一般的に、レベルが上になればなる程、またクラスが上になればなるほど、レッスンに通う数が増えていくのがダンスという習い事です。その為、先生も生徒が沢山レッスンに来ることを推奨しているのです。

ですから、回数を多く通いたい人が、より通いやすいようなシステムが自然と出来る訳です。大人の場合、仕事や家庭の都合で決められた曜日や時間に来られない場合もあります。そんな人にとっては、チケット制を取り入れているダンススクールは便利です。5回ないし10回のチケットをまとめて購入し、レッスンに来た時だけそのチケットを置いていくシステムです。チケットには有効期限が定められていることが多いです。1回ずつ支払うよりも少し割安な料金設定になっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *