ダンスでプロになるため専門学校に通う理由

小学校の必須科目として取り入れられた事が話題となり、注目度がさらにアップした「ダンス」。

芸能界でもアイドル人気の目覚ましい向上によって、より身近なものとして認知されています。特に10代の若年層にとっては、日常的な生活の一部と化しているのではないでしょうか。そのためか近年、全国でダンス教室は増加傾向にあり、クラシック・ヒップホップ・フラメンコ・ロッキンなど、ジャンルは多岐に渡ります。

生徒数も同様に右肩上がりで、有名講師のいるクラスは予約待ちが出るほど、ダンス人気はもはや社会現象です。そうなると、将来はプロになってダンスを仕事にしたいと思う子供も多いはずです。週に何回か教室に通って、学校を卒業したら海外に留学し本格的に勉強する、というグローバルな方法もあります。

また中学校卒業後はダンスの専門学校に通い、一日中カリキュラムに沿って踊り漬けの毎日を過ごすという方法もあるでしょう。しっかりとした基礎を身に付け、段階を踏んでから世界に目を向けたいと思うのであれば、専門学校に入学する後者の方法をお勧めします。

専門学校は自分に合ったジャンルが何か、新しい視野を広げるきっかけを見つけられる場所でもあります。また中には、海外進出を見越して語学の勉強を必須としている学校や、留学先の斡旋に強い学校もあります。ブロードウェイの本場のダンサーに特別講師として指導されたり、同じ夢を志す仲間や人脈を作るなど、専門学校でしか体験できない事はたくさんあるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *