実はだれでもボイストレーニングでいい声が出せる

声にコンプレックスを持っている人は少なからずいます。

相手に言ってることが伝わりにくかったり、カラオケで歌っても声がでづらく声をすぐに枯らしてしまう方も少なくないでしょう。歌のうまい人は、声がよく通って聞き取りやすいし、高い音や低い音も難なく出しているように見えます。声がよく通るようにするためにボイストレーニングをすることで、だれでもいい声が出せるようになるというのをご存知でしょうか。ボイストレーニングとして、まずは体のストレッチが大事です。

ラジオ体操でもよいので体全体を柔軟にしておくことで声がでやすくなります。プロになるといつでもいい声を出せるようになりますが、素人では体全体を柔軟にしておく必要があります。さらに、ボーカリストはお腹で息を吐く量をコントロールできます。素人が、歌うときには吐く息にムラがでてしまい、うまく声が通らないようです。また、歌を歌うときなどには通常よりもたくさんの息をコントロールしなければなりません。

体に息を溜め込んで、吸ったり吐いたりを繰り返すボイストレーニングが有効です。こういったことは自宅や空いた時間でもできることなので、普段から意識して呼吸をしてみると声が通りやすくなって歌も歌いやすくなることでしょう。声のトレーニングは、特に専用の機器などは入りません。日々の生活の中でトレーニングを心がけてみると、人の前に出る場所で声がはっきりと出たり、歌が以前よりもうまくなっていくでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *