ボイストレーニングの注意点と方法

プロを目指すわけではなくとも歌が上手くなりたいという人は大勢いらっしゃいます。

会社の忘年会や新年会で歌うから、格好よさのステータスとしてなど目的は様々です。そして歌が上手くなるためにはボイストレーニングが欠かせません。ボイストレーニングは探せばプロが教える教室がありますが、それがなくとも自分で行うこともできます。趣味の範囲内であれば自主練習でも十分に他の人と差をつけることも可能です。中にはカラオケに定期的に通って練習する人もいらっしゃいます。

こうしたボイストレーニングを行う際に注意しなければならないことがあります。例えば練習しすぎないということです。数日後に人前で歌う機会があるからと短期間に集中して練習するという経験は多くの人があるのではないでしょうか。しかし、実際にはこのような練習方法では上達は見込めません。ボイストレーニングとは言い換えれば声帯のトレーニングで、例えば海に行く3日前に腹筋を鍛えても効果がないのと同じことが言えます。

基本的にボイストレーニングをする際には短時間で長期間が推奨されているケースが多いようです。働きながらという人がほとんどで、仕事中に発声する機会が多い人は特に声帯を痛めないためにもこの方法が推奨されます。長期的にトレーニングを行うことで段々と自分の声の特性を理解し、自分に合った声の出し方を身につけていきます。また、長時間練習することもありますが、声が出にくくなっているのに更に声を搾り出すようなことをすると声帯を痛めてしまい逆効果です。長時間の練習の際にはきちんと声帯を休めることを意識することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *