子供がダンス教室に通うメリットとデメリット

ダンス教室でダンスを習う利点はたくさんあります。

まず第一に、ダンスは体が柔らかい方が上達します。ケガ防止のためにも必須条件としてトレーニング前にはストレッチすることになります。加えて、動きも身体全体を活用するものが非常に多く身体全体の筋肉がほぐれると共に、筋力自体もつきます。

腹筋や背筋なども適度なバランスで鍛え上げることができます。また、ダンス教室でダンスを習うことで表現力がつきます。クラッシクバレエに関しても目的は、体を活用して感情を表わすことにあります。

従いまして、体を使用した繊細な表現法が身に付きます。メロディーや感情などにあわせて動きを表わすうちに、表現できる力が身につくようになります。デメリットとしまして、まず出来る子と実践できない子でギャップが生じることがあげられます。

ダンスの世界に関しては実力主義的なところがあります。テクニックがある子はセンターポジション、あるいはソロを踊ることが可能ですし、不向きな子は隅っこで踊るぐらいしかありません。その上ダンスの上手い下手に関してはこどもの適性が関わりを持ってきます。

本来リズム感があまりない小さな子にとってダンスは困難なもので、その子供のテンポに合ったダンスを探し出してあげることも重要になります。また、ダンス教室の費用が考えている以上にかかる点もあります。

ダンスではトレーニング代のみならず、発表会代、あるいは衣装代が必要です。それらのものをプラスしていくと別の習い事と比べて相対的に高いコストがかかる可能性もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *